ロバート・ファン博士からのメッセージ

アントレプレナーであるためには、いつも“危機感”を意識し、“チャンスを分析”する目が必要です。そして何よりも“行動”が重要です。

日本の企業はなかなか変化を受け入れず、また実際変化は大変遅いことがよく知られています。私は米国での創業の成功だけでなく、最近日本の中堅IT企業2社の再建を早期に成し遂げました。

私のこの経験から言えることは、本来日本企業が素早い変化に対応出来ない訳ではなく、多くの場合、日本企業のリーダーが、何時、何を変えるべきかが分かっておらず、そして変化することのリスクを極端に避けようとするということなのです。

もっと正しく言い換えれば,もし日本企業のリーダーが自分たちが何をやっているかを理解し、かつリスクを懼れなく取る事ができれば、その組織は直ちに反応し結果を出すでしょう。アントレプレナーであるために、いつも我々は“危機感”を意識し、“チャンスを分析”する目を持ち、そして“行動”する必要があります。結局のところ、結果を生み出すのは“行動”しかないのです。

もしも九州大学の人たちが大胆に“行動”しなければ、QRECは決して誕生していなかったでしょう。この事を私は強調したいと思います。皆さまの果敢な“行動”に心から敬意を表します。

ロバート・ファン博士

シネックス・コーポレーション(SYNNEX Corporation)
創業者、前会長

スリープログループ株式会社 取締役

九州大学 名誉博士

 

ロバート・ファン博士(Dr. Robert T. Huang)

 

九州大学 ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター
〒819-0395 福岡市西区元岡744 パブリック1号館(CF1) TEL:092-802-6060 FAX:092-802-6065

COPYRIGHT [C] ROBERT T. HUANG ENTREPRENEURSHIP CENTER OF KYUSHU UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.