九州大学 ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センターRobert T.Huang Entrepreneurship Center of Kyushu University

◆【学生公開作業記録】デジタル工作入門(Team H)◆【学生公開作業記録】デジタル工作入門(Team H)

◆【学生公開作業記録】デジタル工作入門(Team H)

学生公開作業記録(Team H)

作品名「鳴り響く頭蓋骨」

対象ユーザ:あまり楽器に触れたことがない人、老若男女問わず、ただしある程度の握力が必要

使い方:頭蓋骨の特定の部分を強く押すと、音が鳴る

仕組み:頭蓋骨のモデルをCAD、3Dプリンターで作成する。その上に、感圧センサーを取り付ける。感圧センサーはArduinoに接続しており、電流の変化を検知して、指定の音が鳴るようにしている。

特徴:とくに楽器の弾き方や音階を知らなくても、触ってセンサー部分を押すだけで、音が鳴る。楽しい。