九州大学 ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センターRobert T.Huang Entrepreneurship Center of Kyushu University

EDGE-NEXT

EDGE-NEXT

【お知らせ】トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」とは? 

2019/12/11

【トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」とは?】

意欲と能力ある全ての日本の若者の、海外留学を支援する給付型返済不要の奨学金制度です。
2020年までに1万人の日本人海外留学生を送り出すことを目指しています。
民間企業231社から計116.8億円のご寄付をいただき、これまでに約7800名の留学生を輩出しています。

【トビタテ!留学JAPAN「日本代表プログラム」のメリット】

① 給付型なので返済不要(例:研究室既存の共同研究プログラムとの併用や組み合わせも可能)
② 学生の意向に応じて、自由な留学計画の設計が可能(目的・地域など)有償インターンシップとの併用もOK,条件あり
③ 支援期間の自由度が高い(大学生:28日~1年の間、毎月の留学資金12万新興国・16万先進国、その他渡航費、学費等)

【大学生/院生を対象とした未来テクノロジー人材枠とは?】

・AI(機械学習等)
・データサイエンス
・ロボティクス
・IoT
・オープンソースソフトウェア
・情報セキュリティ / サイバーセキュリティ
・AR / VR
・スーパーコンピューティング / 量子コンピューティング

上記8つのテクノロジー分野に対して、興味を持ち、学修・研究、実験・実習やインターンシップ・フィールドワーク等の実践活動を海外で行う学生を応援する特別枠です。

【今回の募集対象】下記条件すべて満たす学生

・情報科学・工学系、機械工学系、統計数理系、医学系、生体医工学系、薬学・創薬科学系や生物系、化学系、いずれかの領域に関する専門知識を有する学生。
・テクノロジー領域(※)に対して、興味を持ち、海外で学ぶ意欲がある学生。
※AI(機械学習等)、データサイエンスロボティクス、IoT、オープンソースソフトウェア、情報セキュリティ / サイバーセキュリティ、AR / VR、スーパーコンピューティング / 量子コンピューティング

【過去留学形式の例】

研究留学、講義履修、協定校交換留学、インターンシップ等

【文科省公式HP】(先輩たちの留学事例を紹介中)

https://www.tobitate.mext.go.jp/univ/program/tech/index.html ←未来テクノロジー人材枠

https://www.tobitate.mext.go.jp/ ←トビタテ留学!JAPAN

https://tobitate.jasso.go.jp/document/ ←トビタテ動画

【スケジュール】

13期の募集期間:令和元年12月1日~令和元年2月28日 (学校経由でご応募ください。学内〆切と異なるため、事前に国際課にご確認ください)
留学開始: 令和2年8月10日~令和3年3月末まで

詳しくは、文科省の公式HPを御覧ください。

一覧へ戻る