九州大学 ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センターRobert T.Huang Entrepreneurship Center of Kyushu University

News講義情報

講義情報

【受付終了しました】 QREC後期集中科目 2016年度産学連携PBLプログラム

2016/09/27 終了しました

 

参加者募集!
QREC後期集中科目
2016年度
PBLプログラム

「産学連携PBLプログラム(企業とともにイノベーション実現を目指す授業)」

履修案内

  QRECはこの秋、2016年後期の週末集中講義として「産学連携PBLプログラム」を開講します。
  この授業は、産業に関連する未来のテーマの実現を目指し、企業と連携して、多様な分野の学生と企業の方を受講者とし、フィールドスタディ等”デザイン思考”の手法を活用、具体的プロダクトや新しいサービス実現・ビジネス化を目指す産学連携の実践的プログラムです。米国スタンフォード大学が行う人気授業 ME310がモデルで、福岡市のイノベーション事業を担う(株)リ・パブリック、他の協力を得て実施します。
 講義はワークショップ中心に行いますが、デジタルものづくり機器たる3Dプリンター等を活用し、ものづくりイノベーション、ビデオプレゼンテーションのトレーニングも行います。
 全学から履修者(大学院生、学部生)を募集するとともに、工学部工学府と連携*、28年度もトヨタ九州等、複数企業の職員の参加の下、社会人/学生混成で実施します。最後には事業会社やベンチャーキャピタル等の参加する成果発表会を開催し、事業化の可能性も探ります。
アイデア創造から事業化まで、通常の授業では体験できない貴重な経験が出来るこの授業に是非参加してください。

詳細はこちら→シラバスを参照してください。
一般社会人も少数受け付けます。ただし、全回参加出来ることが条件となります。

皆様のご参加をお待ちしております。

*本授業は学部基幹教育科目の総合科目として位置づけられていますが、殆どの大学院で単位認定されています(詳細は教務課に確認のこと)。

 

履修登録申込期限:2016年10月6日(木)まで

button_risyu

一覧へ戻る