九州大学 ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センターRobert T.Huang Entrepreneurship Center of Kyushu University

Eventsイベント情報・一般向け情報

イベント情報・一般向け情報

【開催案内】2012年度 第9回全国VBLフォーラム

2012/08/24 終了しました

平成24年度(第9回)全国VBLフォーラムのご案内

平成24年度 第9回全国VBLフォーラムは9/28(金)午後、9/29(土)午前の日程で、QREC主催で開催することとなりました。

 この2日間のプログラムのうち第1日目(9/28)のフォーラムに関しては、一般の方のご参加を募集しております。皆様奮ってご参加いただきますようお願いいたします。

場所は、九州大学施設(西新プラザ:http://www.kyushu-u.ac.jp/university/institution-use/nishijin/)で開催致します。福岡市の西、都心から地下鉄で約10分の駅(西新駅)から徒歩10分程度の場所です。やや不便ですがご容赦お願いいたします。

———————————————————————————————————————

■日時:平成24年9月28日(金)13時30分~18時40分

■場所:九州大学西新プラザ(下記URL、地図参照)
    (住所)福岡市早良区西新2-16-23 *地下鉄西新駅より徒歩約15分

    (電話)092-831-8104

■テーマ:VBLの今後の展開について -全国VBLの連携強化とアントレプレナーシップ教育への取組の在り方-

■対象:全国大学VBL関係者、アントレプレナーシップ教育関係者

■主催:九州大学/ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター(略称:QREC)

■後援:文部科学省(依頼中)、ベンチャー学会

———————————————————————————————————————

 

参加ご希望の方は、平成24年9月14日(金)までにお申し込みください。

お申込みは下記の一般申し込み用紙ファイルをダウンロードいただき、メールにてお送りください。

参加応募メール先:support@qrec.kyushu-u.ac.jp

一般申し込み用紙ファイル(*ダウンロードしていただき、ご記入のうえ、メールにてお送りください)

一般申し込み用紙(75 KB)

テーマ

VBLの今後の展開について-

全国VBLの連携強化とアントレプレナーシップ教育への取組の在り方-

・ 基本コンセプト:

今後のVBLの重要な機能の一つとして昨年の全国VBLフォーラムで位置づけられた、“アントレプレナーシップ教育”につき、VBLにおける具体的な位置づけや、内容、進め方などを、より深く検討する機会とします。また、各大学が今後VBLの運営を進める上で重要となる、VBL間の連携のあり方についても検討します。

プログラム内容の概略【1日目(9/28)】

文部科学省科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課の里見課長(予定)からのご講演を皮切りに、下記の通り、アントレプレナーシップ教育に関して、私立大学事例、経済産業省やベンチャー学会の動向、海外の大学の事例等、様々な角度からの講演や報告を頂き、全国VBLフォーラム参加者に、今後VBLでアントレプレナーシップ教育をどう位置づけるか、また実施する場合の進め方や教育内容のあり方等を考えるヒントを提供します。

すなわち、1日目は、

(1) ベンチャーを立ち上げ成功した若いアントレプレナーの方から大学教育に対する学生目線のお話

(2)VBL=国立大学組織に対し、私学の例として慶応大学のアントレプレナーシップ教育の事例紹介

(3) VBL=文部科学省の組織的なバックグラウンドがあり、配属教員の多くが理系研究者であるのに対し、経済産業省が主宰した起業家教育ネットワーク参加教員の多くが参加し、かつ社会科学系研究者が中心のベンチャー学会にける現在の起業家教育検討状況の紹介

(4) 海外、特に我が国に適用しやすいと思われる欧州のアントレプレナーシップ教育の事例報告

(5) VBLを改組し先行的にアントレプレナーシップ教育組織に衣替えした九州大学(QREC)の事例報告

(6) 昨年の全国VBLフォーラム後発足した、全国VBLのアントレプレナーシップ教育ワーキンググループからの活動等、講演や報告をいただき、VBLが今後アントレプレナーシップ教育導入を考える場合のヒントを提供し、翌日の議論につなげる情報提供を行います。

 

交流会】

1日目のプログラム終了後1Fのホールで開催致します。参加された皆様の情報交換の場ですので多くの方のご参加をお待ちしています。恐縮ですが、会費¥3,000を頂戴いたしますので事前にお申し込み下さい。

第1日目:9月28日(金) プログラム

13:30

開会

13:30-13:40

主催者挨拶

谷川 徹 (九州大学教授/ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター(QREC)長)

13:40-14:10

基調講演Ⅰ 里見朋香文部科学省産業連携・地域支援課長(予定)

演題:「全国VBLへの期待」(仮題)

14:10-15:10

基調講演Ⅱ 諸藤周平(株)エス・エム・エス代表取締役社長

演題:「大学のアントレプレナーシップ教育への期待(仮題)」

15:10-15:40

招待講演  廣川克也 慶応大学湘南藤沢インキュベーション・ビレッジ/マネージャー

演題:「私立大学におけるアントレプレナーシップ教育について -慶応大学の事例から-」

休憩

16:00-16:30

招待講演  各務茂夫 東京大学 教授/産学連携本部事業化推進部長

演題:「アントレプレナーシップ教育を取り巻くベンチャー

学会等の動きについて」(仮題)

16:30-17:00

VBL報告  五十嵐伸吾 九州大学准教授/ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター副センター長

報告内容:「欧州のアントレプレナーシップ教育について」

17:00-17:30

VBL報告 谷川徹 九州大学/ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター長

報告内容:「VBLの機能発展とアントレプレナーシップ教育について -九州大学の事例から-」

17:30-18:30

VBL報告  全国VBLアントレプレナーシップ教育ワーキンググループ

(三枝省三 広島大学教授/産学・地域連携センター新産業創出・教育部門長(座長)他、石塚辰美横浜国立大学教授、林正浩静岡大学教授、竹本拓治福井大学准教授)

報告内容:「アントレプレナーシップ教育WG活動成果報告」

18:30-18:40

1日目総括 谷川徹 九州大学/ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター長

18:40

第1日終了

交流会(会費制:別途申込)

18:50-20:00

交流会(1Fホール)

地図

一覧へ戻る