九州大学 ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センターRobert T.Huang Entrepreneurship Center of Kyushu University

Lecture Report講義報告

講義報告

【報告】デジタル工作入門 学生の制作物

前期開講科目 「デジタル工作入門」報告

2017年度より初開講の「デジタル工作入門」より各学生が制作した情報の報告です。

この授業は、ものを作る技術を学びアイデアを形にするためのスキルを修得します。
QRECではアントレプレナーシップ教育を中心に各科目を展開しておりますが、アイデアを生み出していくことについては幅広い知識の引き出しが必要になります。
社会の構造は複雑であり、実社会で起こる問題を解決したり、物事をより良い方向に導くためには多くのアイデアの引き出しがある方が解決方法を導きやすくなります。

また、それらのアイデアを実際に行動に移して実現し、効果があるのか検証してみることも必要です。当授業での学びは、そのようなアイデアを形にする一つのきっかけとなるでしょう。

実施内容

<講義情報>
開催日:2017年7月1日(土)、7月8日(土)、7月15日(土)、7月22日(土)
開催場所:伊都キャンパス パブリック1号館 2階/QREC工房室、シリコンバレールーム
担当教員:金子 晃介(サイバーセキュリティーセンター)
参加学生人数:28名
最終課題のテーマ:楽器(Musical Instruments)
使用したデジタル工作機器:
●3D プリンタ(AFINIA、ダヴィンチ、MUTOU)
●レーザー加工機
●CNCミリングマシン(Kitmill SR420、BT200)

<講義風景>

 

学生の作品

それでは、学生の皆様の制作物をご覧ください!

チーム A
チーム B
チーム C
チーム D
チーム E
チーム F
チーム G
チーム H
チーム I
チーム J
チーム K
チーム L

一覧へ戻る