九州大学 ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センターRobert T.Huang Entrepreneurship Center of Kyushu University

Eventsイベント情報・一般向け情報

イベント情報・一般向け情報

【EDGEお知らせ】2015年度産学連携PBLプログラム成果報告会について

2015/12/14 一般向け 学内向け

 

2015年度 九州大学産学連携PBLプログラム
成果報告会について(お知らせ)

 

九州大学は、2014年度に文部科学省グローバルアントレプレナー育成促進事業 (通称:EDGEプログラム)に採択されましたが、その一プログラムとして昨年度から、学生と企業人の共同作業の下、産業界の関心あるテーマに基づき具体的なサービスやプロダクトを創出する授業、“産学連携PBLプログラム”を開講しています。
本件は、開講2年目の本年度後期授業に参加した受講生の、3ヶ月に亘る学習成果を関係者に報告し、フィードバックを得ることによって学習の更なる深化を進めるともに、学内外関係者の本プログラムに対する理解を深めるものです。

ー記ー

概 要:
イノベーション創出の現場で活躍するプロフェショナルの方の講演をお聞きし、イノベーション創出のありかたを学ぶと同時に、本年度の授業(“創造する空間”をテーマに、社会ニーズを観察・検討し、アイデアをゼロから発想、具体的な価値ある社会サービスやプロダクトを提案する)を受講した学生・社会人25人4グループによる、受講成果のビジネスプラン提案の発表です。

日 時:2016年1月16日(土) 13:00ー17:00

タイムスケジュール:
13:00-13:05  主催者挨拶: QREC谷川徹特命教授
13:05-13:15  事業説明:    同上
13:15-14:15  招待講演:山下 正太郎氏*コクヨ(株)WORKSITE LAB主幹研究(WORKSITE 編集長)
演題)「大企業の働きの現場、空間発イノベーションを考える ―世界のベストプラクティスを事例として― (仮題)」

14:15-14:45  成果発表**: Aグループ
14:45-15:15    同上    : Bグループ

**15分発表、10分質疑 交代時間5分

- 休憩 -

15:30-16:00    同上  : Cグループ
16:00-16:30  同上  : Dグループ
16:30-16:50  受講者の感想と関係者の講評:参加企業と九大関係者、受講者
16:50-17:00  総括講評:
(株)リパブリック 田村 大共同代表
(株)アイデアメーカー山口 高弘代表取締役(元野村総研)
終了後17:10より簡単な交流会(ティーパーティ)を行いますのでご参加下さい。

場 所:

九州大学 伊都キャンパス パブリック1号館(CFⅠ)1F 共通ゼミ室

↓キャンパスマップ(下記URL41番)
http://www.kyushu-u.ac.jp/access/map/ito/ito1.pdf

参加対象: 企業、大学関係者、学生 定員40名

申込方法:必要事項(氏名、ふりがな、所属(学生の場合は、学部学府/専攻学科・学年)、連絡先メールアドレス、電話番号)を記入の上、 edge@qrec.kyushu-u.ac.jp までメールしてください。

主 催:九州大学 ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター(QREC)
担当教員:谷川徹 QREC特命教授(九州大学EDGEプログラム総括)

問い合わせ先:山田、シルバーマン
TEL:092ー802ー6061
Email:edge@qrec.kyushu-u.ac.jp

***************** 講演者ご紹介 ***************

山下 正太郎氏

コクヨ株式会社 WORKSIGHT LAB. ワークスタイルリサーチャー。
研究領域は、経営課題を解決するワークスタイルとワークプレイスについて。コクヨ株式会社に入社後、オフィス設計者としてキャリアをスタートさせる。その後、戦略的ワー クスタイル実現のためのコンセプトワークやチェンジマネジメント支援などのコンサルティング業務に従事。コンサルティングを手がけた複数のオフィスが「日経ニューオフィス賞」を受賞。
京都工芸繊維大学大学院修了。

 

 

一覧へ戻る